中山式産業株式会社

HOME 企業情報 パブリシティ 採用情報

ブランド店舗案内商品開発の歴史掲載メディアお問合せ

企業情報
Company Information

中山式オンラインショップへ

創業者 中山武欧 中山式産業株式会社の創業者である中山武欧は、大正7年、東京で生まれました。<br />
						健康産業を天職とするに至ったそもそものきっかけは、幼少時代から病弱体質であったことによるといいます。<br />
						そうした病弱な体質をなんとか改善したいという思いから、医学や医薬品に興味を持つようになり、健康器具の研究開発に取り組むようになっていきました。<br />
						そのうち、自分だけでなく、世の中のすべての人の健康へと関心が向き、それが中山式産業株式会社の創業へとつながったのです。<br />
						戦争の終わった昭和22年、ひそかな研究を続けていた努力が実を結び、ついに、中山式快癒器の開発に成功しました。<br />
						これは、一見何の変哲もない四つ、または二つの球体を持った小さな装置ですが、この装置を背中や腰の下に入れ、仰向けに寝て自分の体重をかけると、球体が脊椎の両側を押圧し、カイロプラクティックの原理により、自然に筋肉のコリや痛みが緩和され、かつ徐々に脊椎の曲がりや歪みが矯正されるという効果を発揮します。<br />
						この中山式快癒器のすぐれた特長は、広く日本中で知られるようになり、ただちに昭和22年、国内特許を取得し、昭和32年にはフランス、イギリスで特許を取得。さらに昭和33年、カイロプラクティックの先進国アメリカでも特許を取得するに至りました。<br />
						こうして中山式産業の礎を築いた創業者中山武欧は、その後、さまざまな特長を備えた各種のオリジナル商品を開発。独創的な商品として多くの方々から支持を集め、今日に続くロングセラー商品をつくりあげてまいりました。<br />
						昭和51年には長年の功績が認められ紺綬褒章および木杯受賞。昭和57年には黄綬褒章受章、平成5年には発明考案功労により勲五等瑞宝章を受章いたしました。